ヨーロッパで働く社長のブログ

http://www.clover-studio.com/ クロアチアのザグレブって所で日本の企業向けにスマートフォンアプリとか作ってます。

大企業で働いた経験が無くて生きるのが辛い

働くならベンチャーが最高!的な記事ばかりでうんざりしてるので久しぶりに投稿してみようと思った。


まぁネット上でそういう意見が溢れてるのはステマ記事だからというのもあるんだけどね。。


自分は大学生の時に起業していて、ただベンチャーと言うよりもフリーランスの延長みたいな感じで、同じ大学の学生に仕事を振って激安の受託開発をやっていた。幸い電気通信大学と言う事もあって社会人並みのスキルを持った学生は沢山いて、そもそもオフィスが無かったから全員自宅作業で、みんなちゃんと責任感を持って仕事をしてくれていた。


そんな感じで2年くらい学生兼エンジニア兼エセ経営者みたいな感じで過ごして、就職先はかなり選択肢はあった。


もちろん当時はイケイケだったので就職なんぞ眼中に無くさらなるチャレンジを目指して卒業後クロアチアに引っ越した。クロアチアに行った理由は特になし、自分がクロアチアと日本のハーフだからという単純な理由。


その後紆余曲折あったもののクローバースタジオを立ち上げてSpikaを公開していろんな会社から協業の話を頂いて日本とかアメリカの上場してる会社と一緒に仕事をして、今更ながら大企業で働いた経験が無い事でかなり苦労して各所に迷惑をかけて、やっぱ一度くらい大企業で働いとくんだったと後悔してる。


というわけで後悔ポイントを挙げていきましょう。


◼︎ 値段感が分からない

最初にして最大の理由。ずっと底辺でゴニョゴニョしてたので大企業から見積もりを頼まれても値段感がさっぱりわからなかった。一度某電話会社(国外ね)と取引のチャンスがあったんだけど多分盛り過ぎて、見積もりを出して全く音沙汰なしだった。。


◼︎ 書類の書き方が分からない

見積もりとか契約書。こういうのは大企業でみっちりしごかれるとちゃんとした物が作れるようになると思う。僕自身は未だにわかりません。社員にそういうのが得意なやつがいて任せてます。が、英語だけなので未だに日本向けの見積書とかペラ1です。。。がんばります。


◼︎ 組織の作り方が分からない

ずっと一人やってきたから、社員を一気に増やしたらカオスになって大変でした。会社の歯車辛いけど経験あるといざ会社おっきくしようとする時に絶対役立つと思う。


なんかまだまだあると思うけど、疲れたんでこの辺でいいかな。。


日本は新卒と言うすごいチャンスがあるので、スタートアップでイケイケ!!と思い込んでる新米エンジニア君たちも10年後後悔しない選択をして欲しいもんです。


告知!!

現在Spikaのオープンソース版をNodeJsで一から書き換えています。もうちょいで完成するのでお楽しみに!!もちろん全ソースコードをGithubで公開します。今度はメッセンジャーというよりか、組み込み型のチャットモジュールって感じになります。アプリやサービスにチャット機能を簡単に追加できるようになります。