ヨーロッパで働く社長のブログ

http://www.clover-studio.com/ クロアチアのザグレブって所で日本の企業向けにスマートフォンアプリとか作ってます。

ロンドンで人気なアプリ10

音楽もですが、これからのインターネットビジネス(って言い方も古いですが、、)とかモバイルのビジネスモデルはローカライズが重要なキーになると思っています。facebookの若者離れが良く言われますが、端末のスペックの向上と、モバイル通信環境の高速化、それに合わせてソーシャルアプリの変化も加速している気がします。常に新しい物が出続け、飽きっぽい若者は数ヶ月前に流行ったアプリなんぞ目を向けずインストールしては消されて行くのではないでしょうか。

その中で毎日立ち上げてもらう為にはただ新しい、流行っているだけでなく別の訴求ポイントを持つ必要があると思います。色々あると思うのですが、ローカライズは個人的に重要なポイントになって来ると思います。ただ言語を訳すだけのローカライズでなく、その地域に合った使われ方、機能のローカライズって言うんですかね。。。そんな所に注目しています。香川県民しか分からないようなうどんの写真共有アプリとか。。こう言うと凄く安っちい感じですが、漠然とそんなイメージを持っています。

そんな事を考えていたらこんな記事を見つけたので紹介

 

ロンドンで愛されているアプリ10個 (http://thenextweb.com/uk/2013/06/02/londons-top-10-mobile-startups/)

AppStoreのトップ10とかでなく、愛されているアプリです。こういう情報は住んでいないと分からないので、凄く参考になります。まぁいちいちここで一つ一つコピペしても意味が無いので、興味がある方は元記事を見て下さい。

地域に根ざしたアプリ、ニッチに始めてグローバルに育てるというモデルがやり易い形になるかもしれませんね。